2005年10月03日

同期・井生のプロ初スタメンに思う...

◇10月2日◇広島4−2中日◇ナゴヤドーム

プロ7年目の井生が10/2の中日戦に7番センターで初先発出場!

結果は三振、ライトフライの2打数ノーヒットで、3打席目に代打を送られてしまいましたが、前日の試合では、9回に巡ってきたプロ初打席で、年間最多セーブの記録更新がかかる、あの岩瀬から、見事レフト前ヒット!きわどい球をよく見極めた2-3から、岩瀬の決め球を思い切り振り抜いた感じでした。

9/28に1軍登録されたときは、これで何度目かな?と思ったのですが、まさか1軍が初めてとは知りませんでした。翌29日に代走でプロ初出場し、プロ初盗塁を決めた後のコメント。「やっと第一歩が踏み出せた感じ。失敗を恐れずやっていきたい」(中国新聞より)は、チャンスをもらい続けながら現在は2軍でもがく同期の東出とは好対照。

1998年のドラフト入団選手を見ると、
1位 東出輝裕(敦賀気比高)
2位 井生崇光(東筑高)
3位 矢野修平(高鍋高)→2004年引退
4位 森笠繁(関東学院大)
5位 小山田保裕(城西大)
6位 新井貴浩(駒沢大)
7位 酒井大輔(春日丘高)→2003年引退
8位 広池浩司(全日空)

このなかで1軍出場のなかったのは、井生だけだったんですね。それから東出と高卒同期も井生だけ。井生の姿をいま東出はどう見ているのでしょうか?

10/1にレイボーンに代わって1軍登録されたのは、将来の女房役、2年目の白濱でした(打撃も守備も早く見たい!)。5日先発予定のデイビーの代わりに1軍に上がってくるのは誰かな?東出どうかな〜。

posted by cct at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。