2005年12月07日

山崎の成長と、嶋の内弁慶ぶりを知る...

今シーズンのカープ、データで見る【良かったところ】と【悪かったところ】。

【良かったところ】
・チーム打率.275はリーグ2位。410長打、長打率.432は同1位。
・イニング先頭打者本塁打数56は両リーグ最多。新井15本、前田14本。
・イニング先頭打者の最多安打も広島が両リーグトップ。
・クリーンアップの打率.296は12球団中3位。
・山崎は2番ショートのレギュラーをつかんだ8月10日以降、両リーグ最多の24犠打。さらに打率は.301。

【悪かったところ】
・3連勝以上は開幕カードを含めて3度だけ。逆に3連敗以上は12度。
・615得点はリーグ5位、779失点は同最下位と投打かみ合わず。
・1-9回の得失点差はすべてのイニングでマイナス。これはセリーグで広島だけ。
・先頭出塁からの得点確率44.6%は12球団中11位。
・1・2番の得点はリーグ最下位の143得点。同5位巨人の175得点と比べても極端に少ない。
・新井の打率.305も、走者のいる状況では.267。
・嶋の27本塁打中、21本塁打は広島市民球場。本拠地以外では打率.234。
・チームが先制点を挙げたときの勝率.567はリーグ最下位。
・中盤(4-6回)での292失点は楽天にも大きく抜かれてワースト。
・先発陣の45勝65敗、防御率4.73はリーグ5位。
・黒田以外の全先発陣、1-6回だけで失点平均が4.05点と4点越え。
・救援防御率4.93はリーグ最下位。中継ぎ防御率は5.61と散々。

会員登録している「プロ野球プラス」から最新号のメルマガが届いた。会員専用コラムで<広島カープのシーズン総括>をアップしているというので覗いてみたら、上記のような結果が...(と...このコラム、スポーツナビにもアップされてました)

身内のカープを客観視できない自分にとって、データの裏付けによる分析は、興味津々、ふか〜くうなづかざるを得ない内容でした。データはウソをつきませんね...

10年間の平均順位にも触れられてて、80年代は2.2位、90年代は3.4位、2000年以降は5.0位、だって。80年代の2.2位は、黄金時代をリアルタイムで知る僕でもちょっとビックリ!つよっ!!

カープファンには言わずもがなですが、来季の課題は、「打線では1・2番の得点力。しかし、根本的に投手陣の立て直しから始めたい」でこのコラムは締められています。これにプラス、センターラインを中心とした守備力強化を実現して、まずは最低Aクラス入りをめざしたい(気持ちはもちろん優勝ですが...)。

そう、1・2番の得点力。安定した守備力と打撃も成長した山崎(後半は3割打ってたんですね〜)と、「尾形が来季の開幕に間に合えば、この1・2番コンビは球界でも屈指の力を期待できる。また、大学・社会人ドラフトで3巡目指名の梵は、1番で試したい俊足巧打の即戦力だ」(同コラム)

ここに、負けじと東出にも割って入ってもらいたい...
posted by cct at 05:44| Comment(0) | TrackBack(1) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

ファンの熱意で1億円突破!「たる募金」ひとまず終了

昨年11月から1年間実施された(期間限定だったの?)「広島新球場建設たる募金共同キャンペーン」が終了、集まった金額は目標の1億円を超える総額1億2,347万6,937円!11月23日に広島市民球場で行われたファン感謝デーで、広島市へ全額寄付されました。

当ブログでも集計額の途中経過を随時サイドバーに掲示してきました。新球場建設に当たっては、建設場所等で喧々諤々ありましたが、JR東広島駅貨物ヤード跡地(広島市南区)への建設が決まった以上、1億円を超えるファンの熱意をムダにすることなく、夢のある日本一の球場を作っていただきたいと思います。

といっても、新球場建設には総額約100億円がかかるそうで、財政難に苦しむ広島市は、「たる募金」全額を原資とした「新球場整備基金」の新設を発表。同基金を受け皿として今後も寄付を受け付けるそうです。いっそのこと、「たる募金」(やっぱこの言葉インパクトありますから...)をもっと盛り上げて継続しちゃえばいいのにとも思いますが...

今後は、新球場の設計・技術コンペが行われるようですが、基本条件は、内外野とも天然芝のオープン球場、固定席は3万席以上で、大リーグ球場並みに広い横幅と間隔の座席、緩やかな傾斜のスタンド、グラウンドの迫力が伝わる工夫、将来の屋根架けも視野に入れた対応などを応募者に求めるのだそうです。

...2007年度に着工し、2009年春に完成予定。早くも、ブラウン監督のもと再生なった新生カープの指揮を執る野村謙二郎以下ナインが、手を振りながら颯爽と天然芝のグラウンドに駆けていく光景を想像してしまう... ちょっと気が早い?...



こんな看板等を街中でよく見かけました。



球場で募金するのを忘れ、広島テレビ(日テレ系)で「たる募金」したら...



ステッカーもらっちゃいました。

参考→「広島新球場」を実現させよう!
posted by cct at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

ロッテ日本一!ヨシヒコに釘付け...

昨日行われた日本シリーズ第4戦。3-2で勝利した千葉ロッテマリーンズが、シリーズ4連勝で31年ぶりの日本一に輝いた。

シーズンと同じく、ロッテの1塁ベースコーチには、背番号「87」の元カープ、高橋慶彦の姿が!テレビ中継のないシーズン中には見られなかったヨシヒコのベースコーチャーぶりがたっぷり見られてうれしかったな...

ロッテの打者が1塁に出塁するたびに、背番号「87」を追ってしまう。そして、何度も想像してしまう...広島市民球場の1塁コーチャーズボックスで赤縞のユニフォームを着たヨシヒコを...!

カムバック、ヨシヒコ!!

パリーグ制覇を決めたソフトバンクとのプレーオフ第5戦終了後、マウンド上で喜びに沸き返る選手たちのなかで、ヨシヒコと愛弟子・西岡が抱き合って涙する場面が忘れられない...西岡が東出に見えたりして...
posted by cct at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

「野球はいいもんだぞ!」野村選手、引退セレモニーに感涙...

◇10月12日◇広島2−4横浜◇広島市民球場

「今日集まってる子どもたち、野球はいいもんだぞ!野球は楽しいぞ!」

野村謙二郎選手引退セレモニーでの一言。未来を託す子どもたちに向けて発せられたところが、味があってとっても野村らしい。そんな野村がたまらなく好きだ(^^)

この日市民球場に来ていたちびっ子のなかから、将来、カープを担う選手が出てきたら最高だな。「あの日の監督の呼びかけでプロ野球選手をめざしました」なんて入団するの。もちろん監督は野村謙二郎。そんな日が来るといいなー。

今季のカープ最終戦は、野村の引退試合...



全盛期の定位置「1番ショート」で、きた〜〜〜!「1番ショート」!高橋慶彦以来、カープで一番好きな響き!!



華麗なフィールディングは、全盛期を彷彿とさせます。トリプルスリーを達成した1995年にはショートでゴールデングラブ賞も受賞しました。



真っ赤に染まったスタンド。観衆は公式発表29777人。下3ケタのスリーセブンは、きっと球団職員の粋な演出なんだろうな(^^)

試合後の引退セレモニーでのこの言葉。「こんなにたくさんお客さんが入ってくれると楽しくありませんか、みなさん!選手も今日、目いっぱい燃えたと思います」。超満員にふくれあがったスタンドを見て、肌で感じた言葉なんだろう。思いはファンも同じ。過日の引退記者会見で語った「チームも、ファンも、球場も日本一」を野村謙二郎監督のもとで早く実現したい!





選手一人ひとりから花束をもらっていたときは頼れる兄貴顔だったのに、最後の山本監督が近づいてきた途端、顔をクシャクシャに...野村にとって監督は唯一心を許せる人だったんだろうな。山本政権10年間の苦楽をともにした数少ない選手のひとりだもんな。山本監督もごくろうさまでした...



尾形、岡上もいるのがうれしい!!ここに東出がいないのは残念だけど、元祖「ポスト野村」の東出はすでに来年に向けて始動してるぞ!ショート再転向に続いて、スイッチヒッター本気挑戦!(全盛期の野村と同じショート&スイッチ...)で、野村の魂も継承するぞー。野村選手、見ていてください!



17年間本当におつかれさまでした!夢と感動と勇気を与えてくれて、本当にありがとうございました!
posted by cct at 00:00| Comment(1) | TrackBack(18) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

西山引退、カープに戻ってきてね...

◇10月5日◇広島4−1巨人◇東京ドーム

昨年まで長年にわたり正捕手としてカープ投手陣を支えたプロ20年目の巨人・西山秀二選手も、古巣との対戦となった今日で見納め。5回に代打で登場して、デイビーから空振り三振。レフトスタンドでは、「にしや〜まこいにょうぼう〜♪」の大合唱とスクワット応援!感動しました。

できれば佐々岡との対戦が見たかったな。何でも試合前に、西山が佐々岡に「僕の最終打席に投げてよ」とお願いしていたらしい。130kmのストレート勝負も要求していたらしい。回が浅く実現しなかったのは、ちょっと残念...



西山といえばブロックがうまかった。僕の記憶に鮮明に残っているのは、観戦した2003年9月6日、東京ドームでの巨人戦(4対3で勝利)。1点リードの9回裏1死2塁のピンチで後藤(西山とともに引退ですな)がセンター前ヒット。猛然と本塁へ突っ込む2塁ランナー斎藤を、好ブロックでアウトにした↓このシーン。



レフトスタンドから見ていて、タイミング的に同点を覚悟しましたよ。カープの危機を何度も救ってくれてありがとうございました!野村謙二郎新監督のときは、バッテリーコーチで帰ってきてね!

西山選手、20年間ごくろうさまでした!


↑やっぱり広島が似合います。


↑おまけ。自宅前で愛犬と佐々木投手(こちらも今年で引退...大の仲良しだそうで...)。表札の書体がシブい...
posted by cct at 00:00| Comment(2) | TrackBack(3) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

同期・井生のプロ初スタメンに思う...

◇10月2日◇広島4−2中日◇ナゴヤドーム

プロ7年目の井生が10/2の中日戦に7番センターで初先発出場!

結果は三振、ライトフライの2打数ノーヒットで、3打席目に代打を送られてしまいましたが、前日の試合では、9回に巡ってきたプロ初打席で、年間最多セーブの記録更新がかかる、あの岩瀬から、見事レフト前ヒット!きわどい球をよく見極めた2-3から、岩瀬の決め球を思い切り振り抜いた感じでした。

9/28に1軍登録されたときは、これで何度目かな?と思ったのですが、まさか1軍が初めてとは知りませんでした。翌29日に代走でプロ初出場し、プロ初盗塁を決めた後のコメント。「やっと第一歩が踏み出せた感じ。失敗を恐れずやっていきたい」(中国新聞より)は、チャンスをもらい続けながら現在は2軍でもがく同期の東出とは好対照。

1998年のドラフト入団選手を見ると、
1位 東出輝裕(敦賀気比高)
2位 井生崇光(東筑高)
3位 矢野修平(高鍋高)→2004年引退
4位 森笠繁(関東学院大)
5位 小山田保裕(城西大)
6位 新井貴浩(駒沢大)
7位 酒井大輔(春日丘高)→2003年引退
8位 広池浩司(全日空)

このなかで1軍出場のなかったのは、井生だけだったんですね。それから東出と高卒同期も井生だけ。井生の姿をいま東出はどう見ているのでしょうか?

10/1にレイボーンに代わって1軍登録されたのは、将来の女房役、2年目の白濱でした(打撃も守備も早く見たい!)。5日先発予定のデイビーの代わりに1軍に上がってくるのは誰かな?東出どうかな〜。
posted by cct at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

野村と東出を結ぶひと...

野村謙二郎選手が今季限りで引退。2000本安打達成の歓喜から、まだ数カ月。覚悟はしていたけれど、喜びが大きかったぶん、寂しさも大きい...

このblogで“Carp 2”と銘打っているのは、ずっとあこがれ続け、カープを好きになるきっかけにもなった、カープ黄金時代の“1番ショート”高橋慶彦(現ロッテコーチ)の背番号に起因します。いまでもカープの背番号「2」と聞けば、多くの人がヨシヒコと答えるはず。俊足巧打のスタイルを背番号「2」とともに受け継いだ東出を応援しているのも、ヨシヒコの再来を期待せずにはいられないから。

思えば、ヨシヒコの移籍に合わせるように“ポスト・ヨシヒコ”としてカープに入団したのが野村でした。僕にとって野村は、サードやファーストではなく、やっぱり“1番ショート”。ヨシヒコで確立されたカープの“走る野球”をみごとに継承し、輝いていた。あれから17年か。何か、感慨深いものがあります。

その野村のサードコンバートで“1番ショート”に指名されたのが東出でしたね。今年、ショート再転向と聞いて、不安いっぱいながら、何年か前に描いた、ヨシヒコ→野村→東出の俊足ショートの系図が浮かんできて、ちょっと嬉しくもありました。

野村は、背番号「7」の永久欠番の打診を潔く断りました。ちょっとヨシヒコっぽかった。通算1826安打で終わったヨシヒコがずっとカープにいて、2000本を打って同じ打診を受けたら、きっと断っただろうから。

ところで、ヨシヒコのコーチ入閣は絶対にないのでしょうか。ダイエーコーチ時代に育てた村松(現オリックス)や現在、愛弟子のロッテ・西岡を見れば彼の育成術は、かなりのものだと思うのですが。ヨシヒコ本人も過去のインタビューで、「もう一度カープのユニフォームを着たい」とカープへの愛着を語っていました。

彼なら伸び悩む東出をはじめ、天谷、松本高あたりも大きく成長させることができそうな気がするのです。機動力野球を掲げても、教える人がいなければ話になりません。監督人事だけでなく、コーチ陣の人選も気になりますね。

それまで...今シーズンも残りわずか。野村の雄姿を目いっぱい焼きつけたい。


△決勝アーチを放ち野村に小突かれる(7/11甲子園)
posted by cct at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

夏休みにビビッたこと...

◇8月12日◇広島5−7中日◇広島市民球場



↑8/12の中日戦。yahoo!の代打・尾形?!には目が点になりました。一瞬、信じたりして...
posted by cct at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

“新井神”再び!9回逆転ミラクル弾!!

◇7月27日◇広島5−4ヤクルト◇神宮球場

2番ショートでスタメン出場、9回先頭打者で代打・緒方を送られ途中交代。

広  島 000 000 104 = 5
ヤクルト 010 003 000 = 4

今日は新井!!3点ビハインドの最終回、先頭東出の代打緒方が空振り三振に倒れるも、続く嶋から3連打で1点を返し、2点差。なおも1死1、2塁のチャンスで新井登場!

2−2からの6球目を弾き返した打球は、レフトスタンドへ突き刺さる逆転3ランホームラン!!

五十嵐−石井の鉄壁リレーだったので、「今日はダメ。明日、明日」と半分(以上)あきらめてましたよ。新井の前でしぶとくつないだ前田のタイムリーも大きかったな。

後半戦のスタートを白星で飾れたのはよかったのですが、課題は相変わらず。今日も6回までノーヒット、守りのミス、拙攻と、いつもの負けパターンでした。いつも一振りで救ってもらえるわけじゃないもんな〜。

今日の東出はノーヒットながら、7回にファールでねばって四球を選ぶと、前田のピッチャーゴロの間にホームを踏み得点しました。守備では3回に1塁へ危うい送球がありましたね。ファーストが浅井だと少々の悪送球でも取ってくれるので安心です...

◇結 果◇ 2打数0安打
<第1打席>1回表/1死ランナーなし/Pガトームソン(右)/セカンドゴロ
<第2打席>4回表/1死ランナーなし/Pガトームソン(右)/ショートゴロ
<第3打席>7回表/先頭打者/Pガトームソン(右)/四球
〔エラー〕なし
posted by cct at 22:00| Comment(0) | TrackBack(3) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

新井、新井、新井ー!

◇7月9日◇広島9×−8巨人◇広島市民球場

新井デー!まさに神がかり的大活躍!感動しました!泣けました!今年のベストゲームは、早くもこの試合で決まりかもしれない。

G 022 000 202 | 8
C 000 402 012 | 9

6回に勝ち越しホームラン、8回に再度勝ち越しホームラン、9回には2死満塁で歓喜の逆転サヨナラ2点タイムリーヒット!!!この日放った4安打をすべて得点にからめ、“新赤ヘル4番”の座を不動のものとする、伝説のゲームとなりました。

泣けるほど感激した試合(シーン)は今年4回目。開幕カードの巨人3タテ、野村の2000本安打、長嶋さんの度肝を抜いた新井の看板直撃150m弾。そして、この日の新井。

ン、そういえば、このすべての試合で新井は大活躍、そしてホームランを放っているぞ。僕も観戦した開幕3試合目の巨人戦は、決勝弾を含む2ホームラン4安打5打点。野村の2000本安打メモリアルゲームでもホームランを打った。再び僕が観戦した3日の巨人戦でも看板直撃弾を含む3安打...

新井が打つと何かが起こる(僕が観戦すると新井が爆発する...)。カープと新井。なくてはならない存在。やっとセットで語られはじめたかな。

新井と東出。次代のカープを担う中心選手と目されてきた2人。一度は失った4番の座を自ら取り返した新井。同時期にショートを追われた東出にも自らの力で這い上がってきてほしい!
posted by cct at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

カープファンでよかった!

野村選手の2000本安打達成から、はや数日...まだ感動の余韻から覚めません。

試合終了後に、野村を囲んで撮られたこの記念写真...



みんな無邪気な野球少年のような満面の笑顔。一瞬、優勝決定後の記念写真かと思ってしまいました。

お調子者も多少まじっているようですが、みんな自分ごとのように喜んでいる姿を見て、「すてきなチームメイトだな〜。こんなチームメイトに祝福されて野村は幸せだな〜。このチームを好きになれてよかった〜!」とつくづく思いましたね。

みんなカープが好きなんだ。野球を楽しめるんだ。そして、喜びに飢えてるんだ。

この日をグラウンドで立ち会って、今度は優勝してまたこの気持ちを味わいたい、と強く感じた選手は多いと思う。

万年Bクラスのカープにとって、チーム全体の気持ちの変化は、チーム浮上への重要な要素となる(何度も言うけど、だから、どんな状態でもいいから、東出にはこの場にいてほしかった)。

「2000HITS」の赤い看板が、「200X VICTORY」に変わる日はいつ来るのか。優勝してみんなの無邪気な笑顔をまた見たい。早く見たい...

今日は、お調子者のひとり、新井選手の6試合連続弾に期待!
posted by cct at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

野村選手おめでとう!そして、ありがとう!

◇6月23日◇広島5−2ヤクルト◇広島市民球場



野村選手、2000本安打おめでとう!!ついに達成ですね。

一口で2000本と言うのは簡単だけど、初安打の1989年5月4日から、足かけ17年を費やして達成できた大記録。「いいことの方が少ないです」と野村自身がインタビューで言っていたように、その道のりは決して平坦ではなかったはず。

故障など度重なるアクシデントを乗り越え、1本、1本、ヒットを積み重ねて到達した栄光の2000本。毎日コツコツ積み上げていけば、その先にはきっといいことがある...なんて、生きる勇気までもらったような気がします。

じつは、野村選手は、このblogにとてもかかわりのある選手なのです。僕のなかでは、野村といえば“1番ショート”のイメージ。

その“1番ショート”の前任者は、言わずと知れた高橋慶彦(現ロッテコーチ。西岡を育てたのは彼!)で、僕がそのプレーに最もしびれ、あこがれた名選手。そう、野村は「ポスト慶彦」としてカープに入団したのでした。

そして、野村の後継に“1番ショート”に指名されたのが、高橋慶彦と同じ背番号[2]、俊足、守乱まで受け継いだ(巧打はまだ...)、東出。

もう“1番ショート”にはこだわっていないけど、やっぱり東出には、「赤い疾風、背番号[2]」(古いな〜)、高橋慶彦のイメージをダブらせてしまいます。

その高橋慶彦の通算安打は1826本。2000本安打は確実と見られながら、不遇の扱いを受けたこともあり、晩年失速しました。でも、後継人の野村が借りを返してくれた。今度は東出の番...

必見!野村謙二郎2000本安打特集

posted by cct at 08:53| Comment(0) | TrackBack(7) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

2000本安打に王手!決めろ、ケンジロウ〜!

前日の試合で3安打の固め打ちを見せ、連敗脱出に大きく貢献した野村選手。通算2000本安打の偉業達成まで、ついにあと1本となりましたね。

今日の試合はぜひ多くのカープファンに広島市民球場に足を運んでもらいたい。広島市民球場を埋め尽くす超満員の観客の前で2000本安打を達成させてあげたい!そして、みんなで偉業を祝福してあげたい!

ヤクルト戦というのもいい。古田の2000本安打は野村が、野村の2000本安打は古田が、互いにフィールドで祝福しあえるなんてしゃれてます。カープに好意的な古田ですから、そんな面も期待してしまいます。

惜しむらくは、ベンチに東出がいないこと。偉業の瞬間に立ち会うことで、2軍の練習場では決して味わえない、大観衆の緊張感のなかで感じる“何か”を感じとってほしかった。

プロ野球選手のすばらしさを体感することで、東出最大の関門であるメンタル面克服のきっかけになるんじゃないか、そうなればいいな、そうはならないかな、と淡い期待を抱いていたのですが...

でも、あきらめません。ショートで白球に喰らいつく東出
posted by cct at 07:13| Comment(0) | TrackBack(4) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

断固阻止!カープがオリックスに吸収合併?!

セリーグ最下位に加え、交流戦でも最下位に転落。

その現実以上に危機感を感じた、あまりにふがいない昨日の敗戦。いつも冷静かつ愛情あふれるレビューで知られる「濃恋鯉」の佐藤さんも率直に怒りをぶつけていて(6月15日)、試合から必死さが伝わってこない現状に、イライラは募るばかり。

いつの日か、野村の2000本安打カウントダウンと黒田、前田の個人成績だけが楽しみになってしまった...個人的には、選手というより、ベンチの采配、ひいてはフロントの体質に最大の原因があると思うのだけれど...

そして、再度浮上してきた、球界再編とカープ消滅の危機。ネタ元が二宮清純氏というのも真実味が増して不気味な話。

こんなファン無視で横暴な話は絶対に許さない!まだ水面下での話ではあるけれど、表面化してからでは遅い。いまから非常線を張っておく必要があるかもしれない。ネット上でのアナウンスも世論を喚起する有効な手立てだ。

[参考]カープ消滅のシナリオ「破滅のシナリオ広島編(田辺一球)」

そんなカープに追い討ちをかけるように、新球場建設問題が暗礁に。現在地での建て替えは困難との見方。

何事にも闘う強い姿勢!いま必要なのはこれかな。選手もベンチもフロントも、もちろんファンも...

posted by cct at 05:16| Comment(0) | TrackBack(5) | カープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。